やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

VISIT YAMAGATA、山形市、上山市、天童市、山形県、観光、イベント、旅館、ホテル、おすすめ

やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

詳しく調べる

検索ワード
エリア
テーマ
カテゴリー
詳細カテゴリー

Topicsやまがたトピックス

今からでも楽しめる「冬の蔵王温泉めぐり」のすすめ

佐藤なおみ

佐藤なおみ

宮城県石巻市出身、山形市在住のOLです。美術館・博物館めぐり、温泉、食べ歩きなどが趣味です。同年代の若い女性にも、山形の魅力を知って頂けるような記事を書けるよう頑張ります。講談社『with』の公式ライターもしております。※取材オフショットなど→Instagram(http://bit.ly/2OF8aPy)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img

山形市在住、ライターの佐藤なおみです。

この季節の山形といえばまだまだ雪掻きに追われているころだと思うのですが、今年は例年になく暖かい冬となりました。

何だかちょっと物足りない気分になっていたりもしますが、山の向こうはまだまだ冬!

ということで、今からでも楽しめる蔵王温泉の見どころを紹介したいと思います。

==もくじ==
◆開湯1900年、蔵王温泉の魅力に迫る
◆ウインタースポーツのシーズン真っ只中!
◆おしゃれカフェでほっとひと息
◆ペットも泊まれる!アットホームな宿
◆山形の酒を一堂に味わえる「酒ミュージアム」とは
◆ロマン溢れる夜の温泉街

◆開湯1900年、蔵王温泉の魅力に迫る

img

山形屈指の温泉地として有名なのが、ここ蔵王温泉。

開湯から1900年もの歴史を持つ温泉地として知られます。

近年は樹氷ツアーが話題を呼び、国内外から訪れる多くの観光客で賑わっています。

酸性が特徴の美肌の湯として知られることから、女性にも大人気。

img

3か所の公衆浴場は、歩いて回れる距離に点在しているのでぜひ湯めぐりを楽しんでみてください。

入湯料はそれぞれ200円と嬉しいお値段ですが、他にも蔵王温泉の温浴施設をおトクに楽しめる「湯めぐりこけし」などもあるので、事前にチェックしてみてくださいね。

また、冬季は閉鎖中である蔵王名物の大露天風呂が3月22~24日に限り無料で特別開放されます。

ポスターやパンフレットでしか見れない冬の光景を味わうチャンスですね。

◆蔵王はウインタースポーツのシーズン真っ只中!

img

さらに近隣にある蔵王温泉スキー場は、家族連れなども気軽に滑れる初心者向けコースから、通称「横倉のカベ」などとも呼ばれる上級者向けの難関コースまで誰でも満足できる場所です。

マップを熟読し、自分に合わせたコースで楽しんでくださいね。

img

◆おしゃれカフェでほっとひと息

img

身体を動かしたあとの休憩におすすめなのが、蔵王温泉街入り口にあるカフェ『音茶屋』です。

コーヒーやチーズケーキなどはもちろん、カレーやドリアなどランチメニューも食べることができますよ。

img

また午後6時からは酒場へと早変わり!
種類豊富なクラフトビール片手に、おしゃれな音楽が流れる店内で気の合う仲間たちとゆったりとした時間を過ごすのも良いですね。


img

◆ペットも泊まれる!アットホームな宿

img

そして今回宿泊したのは、『ホテル オークヒル』さんです。

温泉街や雄大な蔵王の山々を一望できる小高い丘の上にあり、徒歩5分ほどでゲレンデに行けるのも魅力的。

館内にはスキー客用の乾燥室も完備されているので、連泊するお客さんも多いのだとか。

◆源泉かけ流しの温泉でゆったり

img

そしてこちらが浴場です。

乳白色のお湯は、酸性のお湯とは思えないくらい肌なじみが良いです。

寒さで冷え切った身体も、たちまちぽかぽかになってしまうくらいの心地の良さ。

女性用は内風呂と露天風呂がそれぞれ2つずつあり、「あつめ」「ぬるめ」としっかり温度設定がされているのが嬉しいところ。

img

わたしのお気に入りはこのヒノキのお風呂です。

ちょうどいまの時季は、シンと静まり返った冬の森を望むことができますよ。

さらに新緑の季節は爽やかな風と溢れんばかりの緑を、秋には艶やかな紅葉を堪能することができ、まさに四季折々の魅力を感じられる露天風呂になっているんです。

◆山形の“旬”を食べ尽くす

img

そしてお待ちかねの夕食はコチラ。

img
img

この日のメニューは、珍味?クラゲが入った酢の物の前菜に始まり、山形名物の芋煮やお鍋など大変豪華なものでした。

img

そして極め付けはこの山形牛のステーキ!

ぷりっとした弾力のあるお肉を贅沢にも蒸し焼きにしており、その分旨味もぎゅっと凝縮されています。

山形の旬を知り尽くしたシェフだからこそつくれるお料理です。

◆ペットもOK

そしてオークヒルさんの最大の魅力は、ペットも一緒に泊まれるお部屋が完備されていることではないでしょうか。

ペットを飼っていると旅行に行くことさえ諦めがちになってしまいますが、こちらではケージにワンちゃんを入れておけば、お部屋でもずっと一緒にいることが可能です。

※詳細はご予約時にお宿にご確認ください。

◆山形の酒を一堂に味わえる「酒ミュージアム」とは

img

そして夜の蔵王の新しい観光スポットとして話題を呼んでいるのが、「山形 酒のミュージアム」です。

こちらでは県内のあらゆる銘酒を試飲したり、購入も出来るので大人にはたまらない施設となっています。

またミュージアムというだけあり、お酒が出来るまでの工程を学べる展示パネルなどもありますよ。

併設された屋台には、和洋それぞれお酒にぴったりな肴が勢ぞろいしているので、楽しめること間違いありませんね。

img

◆ロマンあふれる夜の温泉街

img

寒さが和らいできた今の季節は、夜の散歩もおすすめです。

飲食店が放つ朗らかな灯りと、あたりを覆う湯けむりは本当にロマンチック。

まるでタイムスリップしてしまったかのような、情緒あふれる夜の街並みを味わってくださいね。

img

残念ながら樹氷の見ごろは終わりを迎えてしまいましたが、蔵王温泉は1年中楽しめる場所です。
山形駅からは直行のバスなどもあるので、アクセスもとても便利。
ぜひ冬の蔵王へ遊びに行ってみてくださいね。

合わせて読みたい