Find out more

検索ワード
エリア
テーマ
カテゴリー
詳細カテゴリー

Topicsやまがたトピックス

  • VISIT YAMAGATA
  • やまがたトピックス
  • 【特集記事】七日町御殿堰|KEN OKUYAMA CASA|山形出身の世界的デザイナーが手掛ける「ものづくりの向こうの豊かなくらし」

【特集記事】七日町御殿堰|KEN OKUYAMA CASA|山形出身の世界的デザイナーが手掛ける「ものづくりの向こうの豊かなくらし」

  • 2020.10.02
  • テーマ
  • テーマ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img

1. KEN OKUYAMA CASA

工業デザイナー 奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が2010年5月にオープンしたショップです。
海外では「KEN OKUYAMA」という名前で活躍している代表の奥山氏。
「イタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手がけた男」としても有名です。

KEN OKUYAMA CASA is a brand that exquisitely fuses advanced technology transmitted to the production area with contemporary design.
It has won global acclaim and many prestigious awards.

In recent years, Ken Okuyama has also designed railroad cars, and is receiving increasing attention from railroad fans.
In fact, the current Yamagata Shinkansen bullet train “Tsubasa” and “Toreiyu Tsubasa” were also designed by KEN OKUYAMA DESIGN.

In addition to design consulting services, KEN OKUYAMA DESIGN also develops and sells its own brand of automobiles, interior design products, and eyeglasses, all at a one-stop service point.

2. Exterior of the shop

This is KEN OKUYAMA CASA from the outside.

It is the second shop from the entrance of the Gotenzeki area.
Look for the red banner.

3. Inside the shop

Inside it looks likes this.

KEN OKUYAMAブランドのオリジナル商品が整然と並んでいました。

店内でまず目を引いたのが、存在感を放っていたこちらのディスプレイ。

実際に車を制作する上で使用するボディーの型なんだそうです。
これは初めて見ました。
中には奥山代表がデザインした車のトミカも展示販売されているので、我が家の次男(4歳)が見たら飛び跳ねて喜びそうです。

KEN OKUYAMA DESIGNでは、日本が誇る職人たちと卓越したモノづくりにもチャレンジしています。
まずは山形を代表する企業「天童木工」とのコラボ商品。

2016年のリオオリンピックで話題になった卓球台の制作に携わった企業です。
KEN OKUYAMA DESIGNのデザイン哲学である「Modern-モダン」、「simple-シンプル」がそのまま体現されたようなデザイン…。
しばらく見とれてしまいました。

こちらは有田焼きの3大窯の1つ、「源右衛門窯」と創り上げたスクープ(カップ)。

三つ脚のフォルムと水玉模様がほんとにめんこい逸品でした。
表面の水玉は職人さんが1つ1つ手作業で掘り込んでいます。
プレゼントやギフトにも最適です(^-^)

店内の壁にはこれまで手掛けた製品のデザイン画も展示されていました。
フェラーリや豪華列車「トランスイート四季島」、トラクターを始めとするヤンマー製品などのデザイン画を見ることができます。

お店には車好きの小さいお子さんからデザインに興味がある学生、贈答用の品物を求めて訪れる人など幅広いお客様が訪れるそうです。
確かに、見ているだけでもあっという間に時間が流れてしまいました。

4. Café corner

店内には一息つけるカフェコーナーも。

いただいたのは本日のコーヒー「ORIGINAL BLEND」。

クセのない、香りを楽しめる一杯にほっこりさせていただきました。

ちなみに、こちらのコーヒーやカップ、ソーサー、スプーンなどは実際に店内でも販売されていますので、気になる方は是非御覧ください。

5.おすすめ商品

Let me introduce the recommended products of KEN OKUYAMA CASA!

① ORIGAMI Nanbu Tekki | Teapot [Morioka City, Iwate Prefecture Iwachu Co., Ltd.]

まるで折り紙で折ったような多面体を表現したティーポットで、シャープなエッジが特長です。
岩鋳の長年培ったノウハウと技術が、複雑な多角形のシルエットを見事に実現しました。

The handle is said to have the image of the simplest and most beautiful Japanese sword.
This is also used in the suite of JR East’s luxury train “Train Suite Shikishima” designed by Ken Okuyama.

② RINGO L | Cup [224 porcelain, Ureshino City, Saga Prefecture]

りんごの形を模した可愛らしいフォルムのカップ。
内側の張り出した部分に向けてビールを注げば、黄金比の泡立ちを楽しめます。

It’s a versatile mug, and the size is just enough to hold the contents of one can of beer.
It is useful when you want to drink plenty.

③ FUKU S | Teapot [Kikuchi Hojudo, Yamagata City, Yamagata Prefecture]

心地よく癒される時間のためのティーポット。
優しく大らかなフォルムに、取っ手は刀の美しさを感触的な形状に造り上げました。

The excellent heat retention and sharpness of the spout, which are unique to iron materials, surprise the user.
The included tea strainer is also designed so that the tea can be extracted from the tea leaves in the most delicious way.

The inner cast enamel has been carefully baked in a kettle to achieve strong durability.

Extracts the sweetness and astringency of tea in the best balance.
It can be widely used for Japanese tea, black tea, Chinese tea and with other tea utensils, coffee drip pots, sake bottles such as sake bottles and cold sake, and soup bottles.

④ SIZUKU | Cutlery [Yamazaki Metal Industry, Tsubame City, Niigata Prefecture]

水面の柔らかな“ゆらぎ”をモチーフにした見た目も美しいカトラリーです。

In order to express this fluctuation precisely, the balance of unevenness was adjusted through trial and error.
In order to take in the ambient light, the main body is finished with Yamazaki Metal’s original all-butler finish.

In 2016 SHIZUKU won the prestigious Red Dot Design Award.
Yamazaki Metal Industry, which produced this product, has also worked on the cutlery used at the Nobel Prize banquet.

The introduced products can also be purchased from the KEN OKUYAMA CASA website.
There are many wonderful products on display, so please take a look.

KEN OKUYAMA HP
 

6. Parking Lot

There are three affiliated parking lots below.
Free for 30 minutes for purchases of 3,000 yen or more.
* Please pick up your ticket at the store.

・ YT Park
・ Nanokamachi Parking Plaza
・ N-GATE

7. Conclusion

最後にKEN OKUYAMA CASAからメッセージをいただきました。

“We will continue to provide modern, simple and timeless products that add an accent to our customers’ lives.
Please drop in at KEN OKUYAMA CASA when you come nearby.”

詳細情報

KEN OKUYAMA CASA

KEN OKUYAMA CASA

2-7-6 Nanokamachi, Yamagata City, Yamagata

人気のキーワード

体験予約

ランキング

最新記事

more

アーカイブ

2021
2020
2019
2018