Find out more

検索ワード
エリア
テーマ
カテゴリー
詳細カテゴリー

Topicsやまがたトピックス

  • VISIT YAMAGATA
  • やまがたトピックス
  • 【特集記事】山形市のリラクゼーションスポット「おふろcafé yusa」|1日だけでは遊び足りない!?素敵施設を徹底レポート!

【特集記事】山形市のリラクゼーションスポット「おふろcafé yusa」|1日だけでは遊び足りない!?素敵施設を徹底レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img

2022年12月16日、東北初の素敵スポットが山形に誕生しました!

その名も「おふろcafé yusa」。

数ヶ月たった今もその人気ぶりは衰え知らず!

取材時は平日にもかかわらず、たくさんの利用者で賑わっていました。

1.おふろcafé yusaとは?

「果樹園×クラフト×カフェ」をコンセプトに「悠湯の郷ゆさ」内にオープンした「おふろcafé yusa」。

開放的な館内には8,000冊を超える雑誌、コミック、書籍が並び、サウナガーデン、レストラン、キッズスペースなどなどがあり、1日ではとても遊び尽くせないスポットとなっています!

手掛けるのは、老舗旅館「古窯」をはじめ「山形プリン」、山形県初ドーム型グランピング施設「yamagata glam」などで話題を集める「古窯グループ」。

今回はオープン後2ヶ月が経った平日のお昼過ぎにお邪魔しましたが、なんと第2駐車場まで満車という人気ぶり!

可愛らしいロゴモチーフが描かれた暖簾を潜っていざ入館です!

2.受付で手続き

まず、目に飛び込んでくるのがこの景色!

この位置からでもブックシェルフの存在感が凄い… 笑

はやる気持ちを抑えつつ、まずはフロントで受付です。

受付後は2階にある更衣室で館内着にお着替え。

フルーツをモチーフにした淡い色合いが館内の雰囲気にピッタリです。

キッズ用の可愛らしいサイズも用意されていました。

手触りはもちろん着心地も抜群!

思いっきりダラダラ過ごせること間違いなしです。

受付近くにはお土産やサウナアイテムなども販売しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

それでは館内の各スポットを紹介していきたいと思います!

3.ロビー、コワーキングライブラリー

まずは「おふろcafé yusa」のシンボル的なこちら!

す、すごい…。

近くで見るとその大きさと迫力に圧倒されてしまいます。

もはや映えスポットとなっているこのブックシェルフ。

他のお客さんも写真撮影に勤しんでいました 笑

写真では伝わりづらい部分もあるので、是非とも一度生でご覧ください!

幅広い年代で楽しめるボードゲームやカードゲームも充実。

もちろん自由に利用できるので、お友達やご家族で盛り上がること間違いなしです!

ブックシェルフの裏側はコワーキングライブラリーになっています。

コンセントも完備されているので、パソコンを使って仕事をしたり、ソファーでゴロゴロスマホをいじったりするのもおすすめです。

コワーキングスペースとしてデスクとチェアがありますが、誘惑が多すぎてお仕事できるかな…。

4.2Fラウンジ

2Fは (手前から) 暖炉ラウンジ、フルーツソファ、ヒトシェルフ、キッズスペース…、と、1Fとはまた違った魅力溢れる空間が広がっていました。

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア1

① 暖炉ラウンジ

今回掲載している写真はオープン前に撮影させていただいたものが多いのですが、今回の取材時には、暖炉ラウンジで多くの方が寛ぎタイムでした。

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア2

暖炉の火って何だかずっと見ていられませんか?

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア3

調べてみると火のゆらめきはリラックス効果があるんだとか。 

ゆらゆらと揺れる火を見つめながら、何も考えすにぼーっと過ごす時間もまた極上です。

触っても熱くないのでキッズにも安心ですよ。

2Fにもコミックを中心にたくさんの本達が並んでいました!

おふろcaféゆさ-29

おふろcaféゆさ-28

あぁ、気になるタイトルがこんなに。

やっぱり1日では足りないです… 笑

② フルーツソファ

その名の通り、フルーツをモチーフにしたカラフルなソファ!

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア4

可愛いデザインにすっぽりと入って過ごしたり、子どもの遊び疲れた後のお昼寝スポットとしても人気でした。

③ ヒトシェルフ

個人的に気になったのが、こちらのヒトシェルフ。

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア5

本を持ち込んで、周りの目を気にせず自分だけの時間を堪能できます。

この押し入れのような雰囲気とサイズ感もたまりません!

居心地が良くて出られなくなるのでご注意ください。

5.キッズスペース

広々としたキッズスペースも「おふろcafé yusa」の魅力のひとつ。

ボールプールをはじめ、木製のオモチャや絵本など、子ども達が夢中で遊べる空間が広がっていました。

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア8

おふろカフェゆさ5-キッズルームエリア10-1

おふろcaféゆさ-30

先ほど紹介したフルーツソファから奥のキッズスペースまで目が届くのも嬉しいポイント。

こういった細かい配慮が嬉しいですね。

6.サウナガーデン

再び1Fに戻り、レストラン奥にある サウナガーデン へ。

受付時に渡されるリストバンドをかざして入ります。

おふろカフェゆさ6-サウナガーデン1

① サウナラウンジ

サウナ上がりに利用できるラウンジ。

おふろカフェゆさ6-サウナガーデン6

ゆったりとした音楽も流れ、極上の「ととのい」を楽しんでいる方が本当に気持ち良さそうでした!

私も取材じゃかなったら「ととのい」たかった!!!

② サウナガーデン

ラウンジの奥に広がるのがこのサウナガーデン!

おふろカフェゆさ6-サウナガーデン5

イスも3種類用意されておりサウナ → シャワーの後は、ここでも皆さん思い思いの「ととのい」を楽しんでいるようでした。

ジャグジーは館内着では利用できないそうなので、入りたい方は水着など持参してくださいね。

それにしても、本当に気持ち良さそう…。

なんだかこっちが嬉しくなってしまう光景でした。

③ ロウリュサウナ

「おふろcafé yusa」こだわりのロウリュサウナがこちら!

おふろカフェゆさ6-サウナガーデン4

サウナガーデンは男女一緒に楽しめるのもポイントの1つ。

館内着のままで入ったり、水着やTシャツを持参して入ることもできます。

もちろんそれぞれのアイテムはフロントでレンタル・販売も行っているので、思いっきり汗を流して「ととのって」みてはいかがでしょうか?

お一人様はもちろん、ご家族やお友達など様々なシュチュエーションで利用できそうですね。

フロアは変わりますが、サウナだけではなく露天風呂も楽しめるので、気になる方はぜひご利用ください。

7.カフェレストラン

まったりタイムやサウナタイムで心を満たしたら、お次はお腹を満たすもぐもぐタイムです!

「おふろcafé yusa」にはカフェレストランもあり、そのメニューがまた充実!

もう本当に一日中いれちゃうんです。

① カフェレストラン内の様子

1Fロビーとサウナガーデンの間にあるカフェレストラン。

おふろcaféゆさ-42

こちらも広々とした開放的な空間が広がっていました。

木目調がまた落ち着きますね。

個室もあるので、ご家族やお友達とゆっくりと食事を楽しむこともできます。

おふろcaféゆさ-41

キッズチェアの種類も豊富!

おふろcaféゆさ-23

小さいお子様連れでも気軽に利用することができます。

注文は各席のタブレットから。

料金は帰宅時に精算払いなので、リストバンドをかざすだけで注文することができます。

おふろcaféゆさ-24

② カフェレストラン メニュー

メニューの一部をご紹介します。

menu_202212_page-0002
※おふろcafé yusa 公式HPより

menu_202212_page-0005
※おふろcafé yusa 公式HPより

menu_202212_page-0006
※おふろcafé yusa 公式HPより

③ 人気メニュー

プレートや焼きカレーが人気ということで、筆者は3種類あるプレートの中から「ハンバーグプレート」をいただきました。

おふろカフェゆさ8-カフェレストラン8

びっくりするくらい写真のとおり!

いや実物は写真以上に色鮮やかで、その香りがまた食欲をそそります!

ラ・フランス形のマッシュポテトも可愛らしいですね。

濃厚なデミグラスソースがかかったハンバーグは、大人から子どもまで幅広い世代で楽しめる美味しさでした。

8.MOGY

食後のデザート、館内でのゆったりタイムにおすすめなのがフルーツアイスクリーム専門店「MOGY」です。

“雪降る果樹園”をコンセプトに季節ごとに旬のフルーツを使用したアイスをいただけます。

おふろcaféゆさ-09

果物王国山形の果物を筆頭に、日本や世界中から厳選した素材を集めているんだそう。

自身のお好みのフレーバーとフルーツソースの組み合わせを探してみてくださいね。

① MOGYのメニュー

各フレーバーの特徴が詳しく紹介されていました。

おふろカフェゆさ9-MOGY3

旬のフルーツでメニューも変わるそうなので、来るたびに楽しめそうです。

② 人気メニューはスノーホワイトミルク

どれも美味しそうで選べない!という方の為に人気メニューを伺いました。

img_eat-in1

「スノーホワイトミルク」は山形県産のYAMABE MILKを使用した濃厚なミルク感が味わえる定番商品。

濃厚ながらもさっぱりと仕上げているので、オプションのフルーツソースとも相性抜群です!

③ 出来立てフルーツアイスクリーム

アイスとフルーツにとって最大限おいしい瞬間をいただけます。

出来立てフルーツアイスクリームは溶けやすいので、10分限定の提供なんだそう。

提供時間は館内放送でお知らせしてくれるので、ぜひチェックしてくださいね。

④ テイクアウトもおすすめ

MOGYのアイスクリームはテイクアウトも可能です。

テイクアウト専用窓口もあるので、「アイスだけ食べたい!」という方もぜひご利用ください。

おふろcaféゆさ-02

9.おふろcafé yusa の基本情報

① 利用時間

✤ ロビー ✤
場所:1階
<利用時間>
10:30~22:00 (最終入館 21:00)
****************************************
✤ カフェ ✤
場所:1階
<利用時間>
11:30~15:00 (L.O 14:30)
18:00~21:00
(フードL.O 20:00、ドリンクL.O 20:30)
****************************************
✤ サウナラウンジ ✤
場所:1階
<利用時間>
10:30~22:00 (最終入館 21:00)
****************************************
✤ 2F ラウンジ ✤
場所:2階
<利用時間>
10:30~22:00 (最終入館 21:00)
****************************************
✤ キッズスペース ✤
場所:2階
<利用時間>
10:30~22:00 (最終入館 21:00)

② 利用料金

◆ フリータイムコース
・館内着付き
・タオルなし
・サウナガーデン
[平  日] 大人:1,408円 子ども:704円
[土日祝日]  大人:1,738円 子ども:869円
****************************************
◆ フリータイムコース(会員)
新規会員登録料:220円
・館内着付き
・タオルなし
・サウナガーデン
[平  日] 大人:1,188円 子ども:594円
[土日祝日] 大人:1,518円 子ども:759円
****************************************
◆ 時間制120分コース
・館内着なし
・タオルなし
[平  日] 大人:770円 子ども:330円
[土日祝日] 大人:880円 子ども:385円
****************************************
~レンタルアイテム~
・タオルセット 220円
・レンタル水着 550円
・館内着 330円
・館内着(交換) 220円
~販売アイテム~
・歯ブラシセット 110円
・かみそり 110円
・ヘアブラシ 110円
******************************
*2023年5月1日現在
*価格が変更になる場合がございます。詳しくは公式HPをご覧ください

③ 駐車場

駐車場は第3駐車場まであります。

敷地内の第1駐車場と、

おふろcaféゆさ-45

手前の橋を渡った所に第2駐車場、

おふろcaféゆさ-27

同じ橋を渡り、ぐるりと回った所に第3駐車場があります。

詳細情報

おふろcafé yusa

おふろcafé yusa

住所:山形市大字黒沢319-2

0570-00-55110570-00-5511

10.メッセージ

今回はおふろcafé yusa 支配人の木村さんにお話を伺いました。

おふろcaféゆさ-05

「おふろcafé yusaは県内の方はもちろん県外の方にも多くご利用いただいています。

リニューアル前にゆさを利用していただいていた方を始め、新しい層の方も利用してくださり嬉しく思っています。

以前ご好評いただいた熱波体験も好評で、現在自社で熱波師を育成中なんですよ。

今後はワークショップを開催するなど新しい取り組みにも挑戦していきます。」

これからますます目が離せないスポット、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

周辺のスポット

facebook twitter link EN