やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

VISIT YAMAGATA、山形市、上山市、天童市、山形県、観光、イベント、旅館、ホテル、おすすめ

やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

詳しく調べる

検索ワード
エリア
テーマ
カテゴリー
詳細カテゴリー

Topicsやまがたトピックス

芭蕉が歩いた奥の細道山寺 (宝珠山 立石寺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • img

    「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」は、芭蕉が山寺を参詣した際に詠まれた句

  • img

    「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」は、芭蕉が山寺を参詣した際に詠まれた句

  • img

    「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」は、芭蕉が山寺を参詣した際に詠まれた句

  • img

    「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」は、芭蕉が山寺を参詣した際に詠まれた句

  • img

    「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」は、芭蕉が山寺を参詣した際に詠まれた句

西暦860年、清和天皇の勅命で第三世天台座主慈覚大師円仁によって開山された天台宗の古刹で、古くから「山寺」の愛称で知られている。
登山口の石段を登ると、慈覚大師作と伝えられる「薬師如来坐像」の安置される国指定重要文化財の「根本中堂」が建てられており、その参道を進むと“松尾芭蕉”が「奥の細道」をたどった際に「立石寺」で詠んだ句「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の句碑が建てられている。
根本中堂から大仏殿のある奥之院(如法堂)まで1015段もの階段を歩く。
奥之院までの参道には、「せみ塚」「仁王門」「山内支院」「開山堂」「五大堂」など多くの見所があるので、ゆっくりと拝観しながら奥之院を目指したい。

基本情報

周辺のスポット

合わせて読みたい