やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

VISIT YAMAGATA、山形市、上山市、天童市、山形県、観光、イベント、旅館、ホテル、おすすめ

やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

詳しく調べる

検索ワード
エリア
テーマ
カテゴリー
詳細カテゴリー

Topicsやまがたトピックス

来たれ!そば王国山形 味も景色も最高お蕎麦屋さんはココ

佐藤なおみ

佐藤なおみ

宮城県石巻市出身、山形市在住のOLです。美術館・博物館めぐり、温泉、食べ歩きなどが趣味です。同年代の若い女性にも、山形の魅力を知って頂けるような記事を書けるよう頑張ります。講談社『with』の公式ライターもしております。※取材オフショットなど→Instagram(http://bit.ly/2OF8aPy)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img

山形と聞いて一番最初に皆さんが思い浮かべるものはなんでしょうか。
大抵の人は口を揃えて「さくらんぼ!」と答えてくれますが、実はそばだってとっても有名なんです。
実際県内には「そば街道」と名のつく場所があり、あちこちに名店が軒を連ねています。

そんな中でも今回は、そばの味のみならず環境やインテリアなどにこだわった、
選りすぐりのお店をご紹介したいと思います。

【山形市】そば処すぎ

山形市小立にある「そば処すぎ」は、千歳山を望む住宅街の一角にあります。

広い店内はテーブル席と和室3部屋に分かれていますが、
平日でもすぐに満席になってしまう人気店。
メニューはスタンダードなもりそばやざるそばから、月見そばなどの温かいものまで豊富で、
そばと麦切の合い盛りもあります。
特に『麻耶そば』は摩耶山の麓で栽培され、現在は蔵王山麓や瀬畑で自家栽培しているものを、
昔ながらの石臼粗挽きで仕上げたこだわりのそばです。

わたしはサクサクの天ぷらが自慢の「天ざる」をいつも頼んでしまいます。
何と言っても盛りが良いのが特徴なので、特に男性にはおすすめします。

そしてラーメン大好きな山形県人に朗報ですが、「そば処すぎ」はラーメンも美味しいと大変評判で、
ラーメンのみのリピータ―もいるくらいなんです…!

飛島産の飛魚を使用したスープは、シンプルで非常に飲みやすい仕上がりに。
細めの縮れ麺にもよく合います。

img
img

そして、座敷席から見える広い日本庭園にも感動すること間違いなしです。
大きな池には悠々と魚が泳ぎ、夏場は開け放たれた窓から涼しい風が吹き込み、
秋はどこからともなく虫の声が。

営業時間は昼のみなので、ぜひお早目の時間に来店してみてくださいね。

詳細情報

そば処すぎ

そば処すぎ

山形県山形市小立2丁目5-8

023‐641‐4863023‐641‐4863

【上山市】木こり

img

上山市の国道12号線を蔵王猿倉方面へまっすぐ車を走らせたところに、「木こり」はあります。 
緑に囲まれた敷地内はとても広く、大きな池や季節の花々がお客さんを迎えてくれます。
紫色の味のある暖簾をくぐると、すでにそばのゆで上がるいい香りが。

img
img

そばの味はさることながら、ぜひ食べて頂きたいのが「山菜の天ぷら」。
旬を集めた豪華な一皿には、さつまいもなどの定番から、
ユリ根や強い香りで嫌われがちなドクダミも。
 
そばの他に山形の郷土の味を堪能出来るセットメニュ―もあります。
 
このセットでは、山形県の花としても知られる「紅花」を使用した酢飯や、
蕎麦もちなどを食べることができます。
 
そしてそばの出来上がりを待っている間は、
ぜひ庭に出てみてはいかがでしょうか。

img
img
img

緑いっぱいに囲まれたそこには、美しい花々や可愛い生き物たちが。
 
猫がひょっこりやって来て水を飲んでいたり、ガチョウが池で水浴びをしていたり…
さらには近年ブームになりつつあるあの秋田犬もいるんですよ!
 
庭にたわわに実ったクルミは、この様にして玄関先で自由に砕いて食べることが出来ます。
 
食べるだけではなく、さまざまな体験を楽しむことが出来るお店なので、
家族連れにもぜひおすすめしたいですね。

詳細情報

木こり

木こり

〒999-3115 山形県上山市高野薄沢3

023‐679‐2321023‐679‐2321

【天童市】竹蔵蕎麦 やま竹

img

次におすすめしたいのは、天童の羽州街道沿いにある「竹蔵蕎麦 やま竹」です。
 
お昼時になると正面の駐車場にずらりと車が並び、中には他県ナンバーもちらほら。
以前わたしも1時間半待ちを食らったことがあったので、今回は開店時間ジャストに伺ってみました。
 
風格漂う門をくぐると、もうすでに下駄箱には靴がいくつか並んでいます。
 
建物自体は江戸より続く商家の蔵を改装したということですが、その歴史を感じさせないモダンな店内。
 
インテリアも非常に高級感があり、店内に流れるジャズもゆったりとした時間を演出してくれます。

img
img

この日わたしは、お店で一番有名な「鴨そば」を注文。
 
細いのに弾力のある麺は、蕎麦殻の抜き実を石臼で挽いた「碾ぐるみ」という製法によるもの。
鴨出汁がしっかり効いたつゆもとても味わい深いです。
 
そして岩手県産の鴨の炙りは、まるで乙女の頬のようなうっすらとしたピンク色。
口に入れた瞬間にじゅわあっと肉汁が広がります。
 
「やま竹」は食材にとてもこだわっており、化学調味料を一切使用していないとのこと。
 
他にもマッシュルームは山形県舟形町産、
ネギは山形県天童市産など県産食材を積極的に活かしているのも素晴らしいところです。

img

そしてそばを堪能したあとは、お庭に出てさっそく散策へ。
 
苔が生した日本庭園は豊かな緑に包まれており、
蔵としても大切に保存されていたことがよく分かります。
 
ガラス窓から見える室内には籐のテーブルセットが並べられ、
今にもそこで将棋の対局が繰り広げられそうな雰囲気。
 
夏はすだち蕎麦など季節限定のメニューも揃っているので、一年を通して楽しめるお店です。

詳細情報

竹蔵蕎麦 やま竹

竹蔵蕎麦 やま竹

〒994-0012 山形県天童市久野本1丁目3−6

023‐653‐2116023‐653‐2116

【天童市】吉里吉里

img

天童市高擶にある「吉里吉里」は、辺りが田んぼに囲まれたとても良い環境の中にあるお店です。
 
蔵造りの店内は高い天井がとても素敵で、インテリアもカフェの様なおしゃれな印象を抱きます。

img

こちらではスタンダードなざるそばの他に、ざいごそば、田舎蕎麦などがあります。
 
どちらかと言うと太麺派のわたしは、麺が一番太いという田舎蕎麦と天ぷらを注文しました。
このそば、すするというよりかは口の中に数本入れただけで噛むのがやっとという強者!
 
しかしガシガシと噛んでいるうちに、どんどんそばの良い香りがして来るので次第にやみつきになります。
 
少し濃い目のつゆなだけに、蕎麦湯を最後まで楽しむことができるのもポイントですね。
 
そして季節の野菜をふんだんに使った天ぷらも、盛りが良くとても美味しいです。
 
食後のデザートのメニューも豊富で、豆乳を使った自家製スイーツなどもありますので、
お腹に余裕があればぜひ食べてみてください。
 
また、こちらのお店ではぜひ食器類にも注目してみてください。
一つひとつの器が個性的で、とても面白いデザインのものばかり。お料理が余計に美味しく感じられます。
 
お店の方針で、小学生以下のお子さんは入店出来ませんが、
デートなどにはぜひ利用して頂きたい少し大人向けのお店です。

img
img
img

詳細情報

吉里吉里

吉里吉里

〒994-0068 山形県天童市大字高擶北137−4

023‐655-5670023‐655-5670

まとめ

いかがでしたか?秋の新そばシーズンに合わせ、ぜひ山形の美味しいそばを楽しんでくださいね。

「山形 そば」に関連する記事

https://www.visityamagata.jp/post-3171/
実食! 山形市の冷たい肉そば人気店"そば処ひろ"

https://www.visityamagata.jp/post-950/
肉そば鳥中華ざぶん食レポ!デザートメニューも美味しい山形市の新定番店

https://www.visityamagata.jp/post-1388/
山形市"手打ちそば あづまや"は子連れにもおすすめ!豊富なメニューも嬉しい

合わせて読みたい